【セミナー】設備トラブルを防ぐ! 異常検知とAI予知保全ツールの違い 故障を予測し、点検コスト削減のためにできること

異常を予測する「AI予知保全」の技術を解説

AIを活用することで、設備異常が起きる前に予測することができます。

しかし、「AIがどんな手順で予測しているのか」「ブラックボックス化しないか」など
お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、AIで異常を予測する技術をわかりやすく紹介します。
特徴量の抽出や異常の寄与度表示も自動化するため、解釈可能性を確保し、
人の経験・勘に頼らない予知保全が可能です。

終了後は資料も配布いたしますので、ぜひお気軽にご参加ください!

こんな方にオススメです

  • 設備異常を予測したい方
  • 既に予知保全を行っているが、AIを使って効率化したい方
  • AIを使った新しい予知保全の手段を知りたい方
  • 異常予測から原因の可視化・通知までできる予知保全技術をお探しの方
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

本セミナーでわかること

Step.1
予知保全のメリット・留意点
押さえておきたいメリットをおさらい!
生産計画を遅らせないためにも、予知保全を行ううえでの留意点も解説します。
Step.2
AIで異常予測する技術
過去データから故障の予兆を学習したAIが、異常を予測します。
異常に対する寄与度も表示するため、故障の原因を推定できます。
Step.3
予測精度を上げる「特徴量パラメータ」の調整
特徴量算出のパラメータを調整することで、予測精度が上がる可能性があります。
Step.1
見出し
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

登壇者

山戸 辰彦
ソリューション統括本部
3Dエンジニアリングソリューション部 部長

AI予測・因果探索・予知保全ツール「NTech Predict」の開発責任者。
20年以上CAD/CAMの研究開発を行いながら、10年以上データサイエンスに携わる。
開発した突起検出ツールは特許取得。

森川 利啓
ソリューション統括本部
営業部 マネージャー

前職は機械設計を担当。ニュートラル株式会社設立と同時に入社し、現場知識を活かしてSI営業として従事。
2019年より営業部の課長としてNTech Predict販売チームをマネジメント。

開催概要

日時
2024年7月10日(水)13:00-13:40
会場
Zoom(お申し込み後、URLをお送りいたします。)
参加費 無料
お申し込み方法
下部のお申し込みフォームよりご入力ください。
注意事項
※プログラムは変更となる場合がございます。
※ご登録内容が不明確の方は参加をご遠慮いただく場合がございます。
お問い合わせ先
ニュートラル株式会社 セミナー事務局 畔上
TEL: 052-857-0381 MAIL:info_ntech@neut.co.jp 受付時間/9:00-18:00(土日祝日を除く)
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。